FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
チベットのお守り
先日、和歌山の野原ののんちゃんとダリ展を
見に行った時のこと。
道を間違って遠回り、その時にお花屋さんのディスプレーに
「あれ?あれは!やっぱり!」
野原ののんちゃんは黙ってついて来る。
手にとって見ると「やっぱり!すごい!これだ!」
中に入って「すみません、外に飾ってある、ああこれこれ!これは
誰かが作ったものですか?それとも輸入?」
お店で花をアレンジしている優しそうなお兄さんが
「これは全部ぼくが作ったんです!」
「え~っ、どうして?どこかで作り方を教わったの?」
目は血走り、機関銃のように質問攻めの私にきっとのんちゃんも
お兄さんも驚いたことでしょう。
お兄さんは穏やかに「以前海外を旅してアラスカの方や、
南米でこれと出会い、作り方を教わったのです。
これは平和、幸福を意味します。」

私にはこの飾りものには思い入れがあるのです。
4,5年前にリンポチェに誘われてインドに行った時のこと
バンガロールという所のホテルに着いて夜
深層心理テストをやってくれるというのです。
リンポチェに誘導され、最後にプレゼントを受け取るところを
見たヴィジョンがこの飾りだったのです。
リンポチェに「これはなんだろう?」と聞いても
本人は「はっはは、そのうちわかるよ!」」と笑うだけ。
そして旅の終わりの方でリンポチェの僧院に行った時
僧院の中のリンポチェの自宅の屋上に続く階段に
大きな飾りがぶら下がっているではないですか!
リンポチェの僧院の僧侶が祈りながら作ったもので
結界を張って魔が入らないようにするお守りだったのです。
「ほしい!絶対ほしい!」ダダッコ典子です。
「わかったよ、では帰るときまでに包ませよう。」
そしてリンポチェは私に渡し忘れたのです。
そして今年の6月のセドナのマザーズ・ケーブで瞑想しようと
岩穴に入り、準備をして1本の木を見たら、
枝にそのお守りの小さいものがぶら下がっていました。
ほしい!けどいけません!
きっとネイティブ・アメリカンの人がマザーズ・ケーブのエネルギー
の為に作ってきたのでしょう。

そして今回の上野のお花屋さんのお兄さんです。
チベット、アラスカ、ネイティブ・アメリカン、南米と
同じ作り方で同じ意味を持つお守りです。

このお守りはどうもすごいムーヴメントになる予感
早速買って帰り、夜やり始めたら簡単!もしかすると前世で
坊さんだったときに作っていたかも!
上野公園にあるお花屋さんのお兄さんに感謝!
お守りをPeace Crossと彼は呼んでいました。
是非皆さん上野公園のピースクロスをどうぞ。200610211651.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/21 17:29】 | 精神世界 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | 我が友へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sedona53.blog40.fc2.com/tb.php/98-fb321379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
セドナ・トリニティー(のんちゃんまだまだ成長中)


スピリチャルな仲間と魂の旅を綴る日記。 おっちょこちょいで涙モロイのんちゃんのエピソード。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Nonchan

Author:Nonchan
北海道生まれ。カラーコンサルタントとして活動し、カラーコーディネーター養成講座を主宰。
心、身体、精神のトリニティーを追求し瞑想教室主宰。ネイティブアメリカンの聖地セドナでワークショップを年に数回行う。海外からスピリチャルで輝いている人を招いてワークショップ、セッションを行う。
ザチョゼ・リンポチェ(チベット密教の高僧)を年に1回招き講演会を主催。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。